予防歯科ガイド すぎもと歯科クリニック監修

TEL 012003-3696

大人の予防歯科

すぎもと歯科クリニック

歯科治療ガイド

歯みがきが楽しくなるアプリ

HOME»  大人の予防歯科

歯の役割って??

歯は、私たちの健康と深く関わっています。
歯の役割には、食べ物をかみ砕くだけではなく、「発音を助ける」「表情を豊かにする」「体の姿勢やバランスを整える」「ものを噛むことで脳に刺激を与える」「歯を噛みしめることで力が発揮できる」など、さまざまな役割があります。
歯はたった1本失われても、咬み合わせがずれ、顔や全身に大きく影響を起こし、正常な働きができなくなります。「歯を失う」のは、誰にでも起こる老化現象ではありません。毎日の適切なセルフケアと、歯科医院による定期的なプロケアにより防ぐことが可能です。

歯を失う2大原因『虫歯』『歯周病』

歯を失う原因の多くは、虫歯か歯周病によるものです。

虫歯

虫歯菌が歯を内部から侵食する虫歯。虫歯は初期の段階では、再石灰化により自然に治る可能性がありますが、ケアをせずに放っておくとどんどん進行してしまいます。重度の状態まで進行してしまうと、歯冠部分がほとんど溶かされ、神経が死んでしまいます。ここまでくると治療も難しく、最終的には歯を失ってしまいます。

歯周病

歯周病は、歯周病菌により歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気です。日本人が歯を失う原因の第1位の病気で、成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は初期の段階では痛みが出ないため、気づかないうちに進行してしまい、重度になると歯を支えている顎の骨が溶かされ、自然に抜け落ちたり抜歯が必要になったりします。 また、歯周病は、お口の中だけでなく、全身に病気を及ぼすこわい病気です。

『虫歯』『歯周病』にならないためには??

虫歯・歯周病にならないためには、毎日の適切なセルフケアと、プロによる定期的なチェックとケアが重要です。
また、虫歯・歯周病になってしまった場合は、早い段階で治療を行うことにより、進行を抑えることができます。虫歯も、歯周病も、初期の段階では自覚症状がほとんどないため、早期発見のためにも定期検診を受けましょう!